ドラマ「セクシー田中さん」原作者芦原妃名子さんに敬意を払わない女脚本家がXで叩かれる!!時系列まとめ

出典:X

「セクシー田中さん」は、芦原妃名子さんが原作の漫画で、小学館「姉系プチコミック」で連載中です

ドラマは、日本テレビで2023年10月から12月にかけて放送されました。

主演は木南晴夏さんで、変身ぶりが話題になりました

ドラマの脚本は、原作者の芦原さんと相沢友子さんという脚本家が担当していましたが、原作者の芦原さんは放送局との意見の相違から、途中で降板になってしまいました。

そのわけとは、芦原さんが提出したプロットや脚本が、放送局の意向と合わず、大幅に改変されることが続いたことが原因です。

芦原さんは、自分の作品に忠実にドラマ化することを望んでいましたが、局側との折り合いがつかず、途中で相沢さん脚本家を降板にして、のこりの9話と10話を自ら執筆したとのこと

その後、ドラマの終盤(9話・10話)の脚本を書くことになったのは、芦原さんは脚本家としては素人なので、見よう見まねで脚本を書いたが、視聴者からの批判や不満が多く寄せられたということ。

芦原さんは、自身のTwitterで、ドラマの制作に関わった人たちや視聴者に謝罪した

そこで、1〜8話まで脚本を書いた相沢友子さんも謝罪と「9話10話の脚本は私は書いてない」と否定したコメントをみせる

そこで、X民たちが、物申し、

原作者に敬意がない!原作を忠実にやってないテレビ局が悪い!原作者の意思を尊重すべし!

など炎上に至りました。

以下がXの投稿になります。

原作のあるテレビドラマのあるあるですよね

原作クラッシャー、ダメにしてしまうっていうやつ。原作を100%再現は難しくても、それに近づける努力はしてほしいですし、原作者の血と涙の努力を最も簡単に変えるのは納得いかないし、そのうえ、スポンサー関係とかキャスト関係とか、コンプラとか私たち(テレビ局全員)悪くないし、みたいな態度はやばいですね!

それから、訃報になりますがこちらの投稿置きに

原作者が、行方不明になり、それから自殺とみられ遺体として発見されました。非常に残念な出来事です。アーティストをまた亡くしてしまったことはとても悲しい

2度とこんなことにならないように、メディア制作者側に思いを改めてほしいですね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次